予約をする

予約をする

予約をする

これもあたりまえですが美容室と言う所は基本的には予約をしていく方が良いですね。飛び込みもOKの美容室も有りますが、人気の美容室では断られる事も多いものです。美容師の立場からしても、予定していないお客さんを受け入れるのは心の準備が出来ていない、という事も有って良い状態ではない可能性が大きいので予約は是非しておいた方が良いですね。最近ではネット予約などもあります。ですがおすすめなのはちゃんと電話予約をしてみることです。電話は苦手、という人も多いかもしれませんがその美容室に電話をかけてみる事で解ることも有るんですね。特に初めての美容室である場合には、まずは電話をしてみる事をすすめます。なぜならその時の受付の対応でその美容室がどんな美容室か垣間見ることになるケースが案外多いのです。そしてその時に「この美容室は大丈夫なんだろうか?」と思ったら、予約の段階なら断ることもできます。美容室によってはレセプトと呼ばれる受付や電話対応の身を担当している人を置いている事があります。その人の電話の応対が良い、という事はその美容室では良くスタッフ教育をしている、という事がわかるでしょう。お店によっては電話対応は手の空いている美容師がする場合も有ります。忙しそうに話す人、上から目線な感じで話す人、どの様な美容師がその美容室にいるのか、という事が少し解るはずです。美容室を予約するとあとは美容室へ行けばよい、という事になりますが、ここからはいかに美容室や美容師に対して気持ち良く働いてもらうか、という事を考えると良いでしょう。たとえば服装です。髪を切ってもらう側はあまり考えないかもしれませんが、美容師にとってお客さんがどのような服装をしているか、という事は施術に大きく関係してくる場合があります。ひとつは首の周りを覆うような服装をしない、という事です。単純に考えてもハイネックのトップスを着ている人の髪の毛を切るのは気を遣いますよね。基本的には襟などを中に入れてケープを被る物ですが、それがハイネックやルーズネックの様な首元が隠れていると難しくなりますね。また仕上がりをチェックする時に首回りが襟やアクセサリーなどでおおわれていると実際の左右の長さの比較やボリュームの加減などが正確に把握できない事も有ります。首元がすっきりしている服を着用して来店する事は、美容師の皆さんにとってはとても助かる事なんですね。ですから事情のない限りはハイネックや高い襟の服装はやめた方が良いですね。おそらくお客さんに対して「ハイネックはやめてください」とハッキリ言う美容師はそんなにいないと思いますが、お客さん側のマナーとして覚えておきたい事ですね。天神の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ