小規模の美容室を選ぶ時

小規模の美容室を選ぶ時

小規模の美容室を選ぶ時

美容室の件数はとても多くて選ぶのが大変ですが、大きく分けると規模の大きさで判断する事もできるでしょう。規模の大きい美容室、小さい美容室、どちらもメリット・デメリットがあると思います。小規模の美容室の方が好きだ、という人も多いでしょう。そういう人たちの多くは「小規模の方がアットホームな感じがして良い」と言っているようです。アットホームな感じ、というのはいつも馴染みの美容師さんがいてくれる、自分の事を覚えていて歓迎してくれる、という感じではないでしょうか。ですが小規模美容室の全部がそのような雰囲気を出せるほど経営が上手くいっているとは限りません。小規模美容室はお客さんにとってはアットホームと言うメリットを感じる事ができるかもしれませんが、経営する側、そこで働く美容師にとってもメリット・デメリットがあります。小規模である、という事は当然席数が少なく、スタッフの人数も少ないはずです。そのためスタッフ間で切磋琢磨する、という事があまりありません。お客さんの人数も少ないのでどうしても美容師は経験できる事の幅がせまくなってしまいます。つまり美容師の成長が大規模な美容室に比べて少ない、という事になると思われます。またお客さんへの対応が少人数スタッフなので難しい時も有ります。電話が鳴るたびに手を止めてお客さんを待たせてしまう、という事もよくあるようです。お客さんは美容室の情報を得たい、と思ってもその美容室の経営状態まで判断する事はなかなか難しいでしょう。ガラス張りの美容室であればいつもお客さんが入っているかどうか、という事を見る事が出来るかもしれませんが、それでも毎日通る場所でない限りはなかなか難しいでしょう、いくらホームページなどを見ても、その日のお客さんの人数まで掲載するような美容室はほとんどないでしょう。ですからそのほかの事から察するしかありません。ですから多くの場合はお客さんが美容室を決める時にはそのほかの情報から判断する事になります。一番解りやすいのはその美容室の外観や内装の雰囲気を写真などで見る、ということかもしれません。そういう情報がいちばん簡単に手に入りますし、判断もしやすいかもしれません。特に内装であるならば、内装の色使いなどから自分の好みかどうか、という事を判断する事ができますし、席数からどのぐらいの規模の美容室か、ということが解ります。そこからスタッフが何人ぐらいいるか、というような事も想像がつくでしょう。またその美容室の画像をどこで見たのか、という事も情報の一つとなります。たとえば雑誌の美容室特集などのページで見かけた、という事であればメディアへの露出が多い美容室、という事が言えるかもしれません。川越にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ