睡眠はどのくらいとればいいのか

睡眠はどのくらいとればいいのか

睡眠はどのくらいとればいいのか

毎日元気に過ごす為に欠かせないのが睡眠。理想的にはこのくらいとりたいっていうのはありますよね?でも実際働いていると睡眠時間を長くとるのは難しかったりします。実際睡眠時間はどのくらいとるのが良いのでしょうか。年齢にもよるのですが、働きざかりの30代は7時間の睡眠をとるのが良いと言われています。理想的には6時間から8時間の間です。睡眠時間が不足してしまうと脳の疲労を回復させる事が出来なくなってしまうので、日中頭が働かなくなってしまいます。そして睡眠不足は太りやすい体質を作ってしまうのです。もし毎日の中で6時間から8時間の睡眠がとれないという方が居たら、お昼寝として15分から30分程度寝ると良いです。短い間でも脳を休めてその機能を回復させましょう。お昼寝をする際にカフェインをとっておくと寝起きをスッキリとさせてくれます。お昼明けの仕事をシャキシャキとこなしていく為にぜひ試してみてくださいね。ただしお昼寝が長すぎてしまいますと寝起きにぼーっとしてしまいますので長すぎるお昼寝にならないように気をつけてください。しっかりと睡眠時間をとりすぎている方は反対に注意です。一日の睡眠時間が8時間半以上ですと寿命を縮めてしまうと言われています。睡眠時間は8時間までに留めておいた方がよさそうです。そして睡眠の時に熟睡をする為には、寝る前のスマートフォンやパソコンの使用を避けて穏やかな時間を過ごしましょう。毎日気持ちの良い睡眠をとっていきたいですね。最近よく活性酸素という名前を聞きます。活性酸素とはばい菌や細菌から細胞をガードする役割をしてくれています。ですが身体の中で活性酸素が増えすぎてしまうと老化の原因になってしまうのです。どうして活性酸素が増えてしまうのかというと、日頃のストレスや紫外線を浴びすぎてしまう事、喫煙や過度の飲酒、食品添加物や大気汚染、激しい運動などです。これらが原因となり体内で活性酸素が増え、老化やシミ、そばかすやシワ、動脈硬化などの原因にもなってしまうと言われています。身体がさびるとも言われていますが、それはどういう事かというと肌のツヤがなくなり、肌にシミやシワが増える、筋力が落ちて疲れやすくなる、風邪をひきやすくなるなどの状態の事を指します。体内での活性酸素の発生を少しでも抑える為に抗酸化作用のある栄養を取る必要があります。抗酸化に関わる栄養素といえばビタミンAやビタミンC、ビタミンEやアミノ酸です。レバーやうなぎ、にんじん、アーモンド、かぼちゃ、卵、きゃべつにほうれん草、牛乳に鶏肉、あじやサケなど抗酸化に適している食べ物を意識しながら摂取していきましょう。そして毎日の生活の中でストレスをためない工夫も必要です。睡眠もしっかりとり身体をしっかりと休めるようにしましょう。ストレスや疲れを溜めないという事がもしかしたら一番大事かもしれないですね。出来るだけ身体の中で活性酸素が作られないように、自分の身体の為に出来る事からやっていきましょう。美容院 練馬駅 カット カラー ヘッドスパ おすすめ オーガニック


ホーム RSS購読 サイトマップ