シャンプー後に素早くするべきこと

シャンプー後に素早くするべきこと

シャンプー後に素早くするべきこと

シャンプーを終えた髪の毛をみなさんはどのように扱っているでしょうか。タオルでいきなり拭き始める人もいるかもしれませんが、実はその前に一手間かけると良いのだそうです。それはまずはお風呂場で余分な水分を手で絞っておく、という事です。特にロングヘアの人の場合、この一手間だけで随分とその後髪を乾かす事が楽になります。髪の毛を傷めるほどひどく絞るのは良くありませんが、少なくとも水分がぽたぽた落ちるような事にならないぐらいまでは絞っておきたいものです。ここまでやっておくと、その次のタオルドライがとても楽になります。タオルドライの時にも注意すべきことは、ゴシゴシと髪の毛をこするのではなくて、タオルに髪の毛の水分を吸収させるようなイメージで行うのが良いとされています。そのためにはタオルは大き目で厚みのあるものが良いです。最近ではタオルドライに適しているタオルも販売されていますから利用してみるとよいですね。そして肝心なのはまずは頭皮を乾かす事です。頭皮の部分をタオルでマッサージするようなイメージで頭皮と髪の根元の水分を吸い取ります。こすることでまずは一番クセとなりやすい、髪の毛の向きをきちんと元に戻す事ができるのです。ロングヘアの人はそのあとで髪の毛をタオルで挟むようにして、こするのではなく叩くようなイメージで水分を吸い取っていきます。寝ぐせを付けないドライヤーの当て方、というのがあると言う事をご存知でしょうか?寝ぐせは単純に寝ている間に付く、と言うだけではない様なんですね。髪の毛を乾かさないで濡れたままにしておくことでクセが出やすくなる事も大きな原因なのでシャンプー後は素早く乾かす事が大切なのですが、その時に使うドライヤーの当て方でさらに寝ぐせを防止する効果が上がる様なんですね。それは髪を後ろから前に持って来て乾かす、というやり方なんですね。簡単に言えばドライヤーを顔面の方からあてるのではなくて、後頭部の方から温風をあてるんですね。イメージとしたら髪の毛が顔に被るように風を当てる、という事になります。こうする事によって髪の毛の生え際がきちんと立ち上がるので、根元からのクセが付きにくいのです。また温風が頭皮にあたるように送り込むのもコツの一つです。指で髪の毛を後ろから前へと梳かしながら、そこへ温風を入れる感じです。こうすると自然と毛先が内巻に仕上がるので不思議ですね。ここまでやっておくと、少なくとも朝起きた時に髪の毛が四方八方に跳ねている、というような事は防ぐことが出来ると思われます。ただガシガシと温風を当てて乾かすのではなく、髪の根元を正しく立たせることを意識しながら乾かすだけで朝のスタイリングが楽になります。下北沢の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ