思い通りの仕上がりにならない

思い通りの仕上がりにならない

思い通りの仕上がりにならない

美容室において顧客が付かない、という事は一度その美容室に行ってみたけれども満足できなかったから再来店はしなかった、という人が多かった、という事になります。では閉店に追い込まれる美容室において、一度来店した人が次回は来店しなかった理由はどういう事なのでしょうか。一番多いのは「思い通りの仕上がりにならなかった」と言う事だと思われます。当然のことながら美容室に来るお客さんは「なりたいスタイル」を思い描いている人が殆どです。おそらく美容室に行く前に色々と下調べをする事ができますから、自分に似合うと思われるスタイル、自分が憧れるスタイルを思い描いて、ワクワクしながら美容室へやってくるに違いありません。ですから期待していた分、自分が思っていた仕上がりにならなかった場合には、とても落胆する事でしょう。最近は手軽にネットなどで自分の理想とするヘアスタイルをイメージする事ができます。お客さんの頭の中ではより具体的に「こうなりたい」というイメージがあるんですね。ですから少しそこから外れていたり、自分の顔立ちが画像で見たモデルさんと違うがゆえに描いていたイメージには仕上がらなかった場合の残念な気持ちも大きくなるのではないでしょうか。今のお客さんたちは「こうなるはず」という思いが強く、かつてのような「どうなるかな」と言うワクワク感とは違うのかもしれません。かつては地域に一軒ずつ、という感じであった美容室が増加の一途をたどり今ではコンビニの件数と美容室の件数が争われるぐらいの状況となっているようです。ですからお客さんがいくらでも自分の好きな美容室を選ぶことができる時代になったんですね。そうなると当然経営が上手くいく美容室とそうではない美容室が出てきます。上手くいかない美容室の多くは3年もたたないうちに閉店に追い込まれていく、と言われています。それでもなお美容師を目指す人も、雇われている立場から独立して美容室を開業したいと考える美容師は少なくないようです。これだけ厳しい現状であっても開業する美容室の件数は減っていない様なんですね。ですから美容室が飽和状態であることも、競争率が高い事も変わっていないのが現状の様です。そんな中で閉店していく美容師うと言うのは、簡単に言えば客が来なくなって閉店に追い込まれていくのですが、なぜお客さんの足が離れて行ってしまったのか、という事を振り返ってみる必要があるでしょう。ですがここで更に原因として考えられるのが「お客さんが離れて行った」というよりはむしろ「最初から顧客が付かなかった」という現状があると考えられるのではないでしょうか。近年初回来店限定のクーポンなどを使って安くなる美容室を転々としているお客さんも多いと言われています。稲毛の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ