ニキビを予防するためにはターンオーバーが大事

ニキビを予防するためにはターンオーバーが大事

ニキビを予防するためにはターンオーバーが大事

ニキビができる原因は様々です。そのため対処が難しくできてから対処するという人がほとんどだと思います。ニキビを予防するためにはどんなことに注意していけばいいのでしょうか。ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、皮脂を餌とするアクネ菌が繁殖することでできます。毛穴に皮脂が詰まってしまう理由は、角質が毛穴をふさいでしまうため、乾燥肌によって毛穴が狭くなるためといった原因が考えられます。そして皮脂が増えてしまう理由としては、ホルモンバランスの乱れ、栄養の偏り、気温の変化といった原因があります。こう言った原因が様々な形で作用してニキビは作られていきます。これからの原因にすべて対処することは難しいように思えますが、皮脂のバランスや毛穴の状態というのはターンオーバーが正常に機能していると起こりにくい問題です。ターンオーバーとは肌内部で新しく作られた細胞は肌表面に出てきて覆い、垢となって剥がれ落ちていくサイクルのことです。このサイクルは20代なら28日といわれていて、28日サイクルで行われている場合はニキビができにくい状態となります。加齢によってちょうどいい周期が変わり、年齢を重ねるほどターンオーバーの周期は長くなっていきます。ターンオーバーを正常な状態に保つためにはストレスを溜めないようにすること、睡眠不足を解消すること、肌を傷つけすぎないようにすることに注意してみるといいでしょう。肌のターンオーバーを正常に保つことは美容全般にとって大事なことですので、生活の中で乱れることが無いように気を付けてみてください。ニキビの悩みは10代から20代にかけて大きな悩みとなります。10代のニキビはホルモンの影響を受け、成長の過程で誰もが悩まされる問題です。しかし20代のニキビとなるとホルモン以上に生活習慣や食生活の影響を受けるようになり、気持ち次第で簡単に解決することができます。ニキビができてしまうのは皮脂が過剰に分泌することが原因です。皮脂の過剰分泌で角栓ができ、その角栓が毛穴をふさぎ、毛穴がふさがれたことで皮脂が毛穴にたまっていき、皮脂を好む雑菌は繁殖してニキビが増えていきます。皮脂の過剰な分泌はホルモンの影響を受けるため、成長期の若い人はどうしてもニキビができやすくなるのです。成長期がおさまり、20代になるとホルモン分泌も安定するためニキビはできにくくなりますが、食生活で糖質を過剰に摂取してしまうとニキビが作られやすくなります。糖質がなぜニキビに関係するのかというと、皮脂の主成分が中性脂肪だからです。中性脂肪は体で使われずに蓄えられた糖質から作られています。そのため糖質を過剰に摂取すると消費しきれずに中性脂肪となって体に溜まっていってしまいます。その中性脂肪が皮脂となり体の外に排出されるため、糖質の取りすぎは皮脂を増やしてしまうというわけです。3食の食事で摂取する炭水化物だけでなく、間食が多かったりスイーツを好んで食べるという人は皮脂が多くなるため食生活を見直してみたほうがいいでしょう。糖質をうまくコントロールしてニキビに悩まされない生活を作ってみましょう。三軒茶屋 まつエク


ホーム RSS購読 サイトマップ