寝ぐせをつけないように寝る方法

寝ぐせをつけないように寝る方法

寝ぐせをつけないように寝る方法

寝ぐせをなるべくつけない様に寝る方法というのは、まずは髪の毛を完全に乾かしてから寝ることです。とにかく根元から完全に乾かす、という事が大切です。そのほかの対策としては、ニット帽やパーカーのフードをかぶって寝る、という方法があるようです。きつすぎると寝苦しいでしょうから緩めのものが良いですね。髪の毛がある程度固定されるので、あまり広がらずに寝ぐせになりにくいのです。冬場などは防寒対策にもちょうど良いですね。髪の毛のボリュームを抑えたい人ならニット帽がよいですし、逆に髪の毛のボリュームの無さが気になる人ならパーカーのフードの方が良いでしょう。またロングの人なら緩めのゴムやシュシュで髪の毛を束ねてから眠るのも良いようです。三つ編みにするのも寝ぐせ防止には良いのですが、きつく編み込むと別のくせがついてしまいますね。三つ編みにするならあくまでもゆるめに編むのが良いでしょう。どの方法も効果があるようですが、とにかく髪の毛が完全に乾いている事が大前提です。髪の毛が濡れたまま寝るのは論外ですし、きちんと乾かした、と思っても根元の方がまだ湿っていたりすることが良くあります。特に夏場はシャンプー後にくつろいでいたら自然乾燥で乾いてしまった、と言う人がいるようですが、それは完全に乾いた、とは言えない状態であることが多いようです。きちんと髪の毛をシャンプー後に乾かしてから寝ているはずなのに、それでも寝ぐせがつく、という人もいるかもしれません。寝ぐせが付きやすい人の傾向として、どちらかというとショートヘアやボブスタイルの人が寝ぐせが付きやすい、と言われています。おそらく付きやすい、という事も有りますが寝ぐせが目立つ、という事もあるかもしれません。また寝汗を良くかく人も寝ぐせが付きやすいようです。これは髪の毛が濡れてしまうと水素結合が切れてしまう、という性質があるからで、寝汗で頭皮や髪の毛が濡れてしまうと結合がほどけてしまうんですね。それで寝ぐせになってしまうのです。そもそも汗をかきやすい人以外でも、寝ているときにはコップ一杯分の汗をかく、と言われていますよね。あまり意識していなかったかもしれませんが、おそらく冬場よりも夏場の方が寝ぐせが付く回数が多いのではないでしょうか。また髪の毛が傷んでいる人も寝ぐせになりやすいと言われています。これは髪の毛がダメージを受けていると静電気の影響を受けやすいからです。寝ている間に布団やまくらとの摩擦によって静電気の影響を受けて髪の毛が跳ねてしまうんですよね。トリートメントなどでしっかり保湿して静電気が起きにくい状態にしてから休むとよいでしょう。宇都宮の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ