寝ぐせの原因

寝ぐせの原因

寝ぐせの原因

寝ぐせを付けないようにするためには、まずはシャンプー後に髪の毛を速攻で乾かす事が大切だと言われています。寝ぐせが付いてしまう最大の理由は髪の毛で起きる「水素結合」だと言われてします。この水素結合は水にぬれると切れてしまうのですが、乾かすと再び結合するのです。つまりこの結合がキレている状態だと、髪の毛がまっすぐにならないのです。クセ毛の人は経験があると思うのですが、シャンプー後の髪の毛は一番クセが強く出ていますよね。これは髪の毛を濡らしたために水素結合が切れた状態になっているからなんですね。この状態が長い間続くと、クセが出たままの状態で乾いてしまうんですね。だからシャンプー後は自然乾燥ではなくて、一刻も早く結合をさせるために乾かす事が望ましいのです。そのためにはシャンプー後にいかに早く髪の毛を乾かすか、という事を考えなくてはいけないわけです。「すぐに乾かしているよ」と言う人もいるかもしれませんが、少し工夫するだけで、その時間はもっと短縮する事が出来ると考えられます。すぐに乾かす、というとドライヤーの暑い熱を当てる事だ、と思う人もいるかもしれませんが、そうなってくると熱による髪の毛の傷みが心配になりますよね。実はそうではなくてドライヤーを使う時間をできるだけ短縮しながら、それでも素早く髪の毛を乾かす方法があるんですね。ヘアケアの悩みの中で一番多いのは「寝ぐせ」ではないでしょうか。特に寝ぐせが悩みとなるのは外出の予定のある日の朝起きた時に、酷い寝ぐせになっている時ではないでしょうか。おそらく多くの人は自分が朝起きてから仕事や学校に出向くまでの時間はだいたいこれぐらいだ、という自分なりの目安があって、逆算して起床時間を決めていると思うんですね。それなのに予想外に寝癖がひどいとそれだけスタイリングに時間を取られてしまいます。朝起きて鏡を見てあまりにもひどい寝ぐせに慌ててしまった、という経験は誰にでもあると思います。おそらくそういう時に考えるのは「どうやったらこのひどい寝ぐせを短時間で直す事が出来るか」と言う事だと思うのです。ですがもっと考えるべきことは「どうやったら寝癖が付かないか」と言う事ではないでしょうか。人によってはなるべく寝ている間に動かない事が寝癖を防ぐ、と思っているかもしれません。それも間違いではないのですが、実は寝ぐせが付きやすいかどうか、というのは髪の毛を洗った直後から影響している、という事が言われているようです。考えてみたら朝起きて慌てるよりも、寝る前のリラックスタイムに対処できるのであれば、その方が良いに決まっていますよね。新宿の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ