夏の肌ダメージは秋で回復させていこう

夏の肌ダメージは秋で回復させていこう

夏の肌ダメージは秋で回復させていこう

紫外線を浴びた肌は強いダメージを受けることになります。そのダメージはターンオーバーによって約1か月程度の時間をかけて修復されていきます。夏の間に受けた紫外線のダメージも1か月程度経過すれば元に戻っていることになります。でもこれはあくまで計算上のことで、実際には受けた肌への影響や肌の再生力、年齢によって修復までに時間がかかってしまうことや、修復できないこともあります。ターンオーバーによって肌の修復が1か月程度かかるというのは20代の人のペースです。30代になるとターンオーバーの周期は変わるといわれていて、その周期はもっと長くなります。ターンオーバーの周期は年齢を重ねていくとどんどんと長くなっていくため、紫外線によるダメージも簡単には修復できなくなりシミとして残りやすくなってしまうわけです。秋を迎えてしっかりと肌を修復できるようにするためにはまず栄養をしっかりと取ることが必要です。肌の修復には新しい肌が必要になるため、新しい肌を作るための栄養をしっかりと摂取するようにしてください。秋は食欲の秋といわれているため栄養の補給も比較的簡単にできますが、ダイエットを頑張っていると肌に必要な栄養が足りなくなってしまうかもしれません。夏はどんなに肌のケアをしてみても1日たてば傷んでしまう状況ですが、秋は肌にもやさしい季節になっていくため1日1日を肌を労わる生活スタイルにして夏のダメージをその後に残さないようにしていきましょう。海に行って海水に浸かることは肌にとって大きなダメージを与えることになります。しかしうまく入ることができれば美容にとっていい影響もあります。海に入る時にはどんなことに注意して入るといいのでしょうか。海に入って美容にいい効果を得るために一番に注意をしたいことは入る時間です。短時間入るだけなら肌にいい影響がありますが、長く入っていると悪影響が出てきてしまいます。海には多くのミネラルが含まれているためその効果が肌に作用して肌がすべすべになったり、代謝がよくなったりします。しかし長く入っていると塩による被害が大きくなってきます。塩分濃度の高い海水は体から水分を奪う脱水効果を持っていて、長く入っていると体がしぼんでしまうのはそのためです。海に行って肌が乾燥してしまうのは紫外線の影響と思う人もいるかもしれませんが、紫外線だけでなく塩の影響もあります。海の塩は海に入る入らないかかわらずに影響を与えます。潮風に長く当たっているとやはり体からは水分が奪われることになり乾燥してしまいます。髪の毛がぱさぱさになってしまったという人は潮風の当たりすぎかもしれませんのでトリートメントで髪の毛を補修してあげてください。海水による美容効果は一瞬だけでも得ることができます。つまり少しからだを海に浸けただけで肌にはいい影響を与えてくれるわけです。美容のことを考えて海にいくならまったく入らないよりも少し入っておくほうが肌のためになりますよ。美容室 相模大野 トリートメント カット 白髪染め 当日予約 クーポン おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ