ロングなのに軽く見せる

ロングなのに軽く見せる

ロングなのに軽く見せる

ロングヘアにしている人にとっては、一番辛いの夏の暑さや梅雨時の鬱陶しさではないでしょうか。それでもロングヘアが好きだから、なんとかその時期だけは括ったりすることでしのいでいる、という人もいるのではないでしょうか。梅雨の鬱陶しさや夏の暑さ、というのは自分も髪の毛が重く感じて嫌だ、というのもありますが、見ている方にとってもそういった時期のロングヘア、というのは暑苦しく見えて不快感を与える事もあるでしょう。そういう時にロングの長さをそのままにしながら、頭全体を軽く見せる事が出来るのがこのレイヤーカットです。全体的に入れてしまうと逆にボリュームが出たり、のちにキレイに長さを揃えようと思った時に大変かもしれませんが、せめて顔周りだけでもレイヤーカットを入れることで、随分と涼やかに見えると思います。また夏のロングヘアだと、髪の毛を括ったりアップにしたり、という事をよくすると思うのですが、その時にでもレイヤーの入った前髪やサイドならば、堅苦しい感じではなくて、とても軽く見せる事ができます。同じアップや一括りでもリゾートっぽい感じやちょっと艶めいた感じを出す事が出来て素敵ではないでしょうか。ロングヘアにこだわりがあるから夏も長さを変えたくはない、という人に部分的なレイヤーはお勧めですね。レイヤーがオススメである理由の一つに、スタイリングが簡単になる、という事があります。カットの上手い美容師なら上手く毛束になるようにカットしてくれます。そうするとスタイリングする時にムースなどを使って手櫛で整えるだけで、自然に毛束がまとまります。そして手で大きくかき分けるような感じにすると、その毛束が好き勝手な方向に向くのですが、それがまたいい感じに動きが着くので素敵です。カチッとまとまった感じのスタイルも素敵ですが、いい感じに跳ねている、というスタイルも躍動感が合って良いですね。少し若く見せたいミセスなどにもお勧めできるのではないでしょうか。何と言ってもムースひとつで簡単にスタイリングできてしまうのが魅力的です。ムースを付ける時に気を付けたいのは、スタイリングをきちっと決めたいと思うあまり、ムースをつけすぎてしまうケースがある事です。実はそれは逆効果で、ムースの重量で髪が下を向いてしまうんですね。そうなってしまうとせっかくのレイヤーの軽さを出す事が出来ません。ムースは少なめに手に取って、揉みこむように使うのがコツの様です。少し下から上に持ち上げるような感じに手でスタイリングするだけで、自然な動きを付ける事ができます。なんといってもレイヤーのメリットはこのスタイリングの楽さでしょう。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ