休暇中のお客さんは

休暇中のお客さんは

休暇中のお客さんは

産休や育休を快く認めてくれる美容室は最近は増えてきているように思われます。女性の働き方が世の中的にも随分と改革されてきましたからね。ですが美容師の場合自分が長期の休暇を取得する、という事はその間に一番困ってしまうのは担当してもらっていたお客さんである、と言えるのではないでしょうか。職場の美容師仲間たちは確かに困るかもしれませんが、なんとか手分けをしてやっていくことができると思います。ですが担当美容師が休暇に入ってしまった事はその美容師が担当していたお客さんにとってはとてもショックな話だと思うんですよね。もちろん挨拶なしで休暇に入るような事は美容師はしないと思われますが、おめでたい事とは言え自分の髪を任せてきた美容師がいなくなってしまうのはとても残念な事でしょう。なぜそこまでショックか、というと多くの美容室のお客さんたちはとても苦労して自分のお気に入りの美容師を見つけている事が多い様なんですね。つまり「やっと出会えた理想の美容師」であった可能性が大きいのです。子どもが出来たから、と1年も2年も離れてしまう事は、そのお客さんにとっては自分の髪の毛を誰に預けたらよいか解らない事態になっていると思うんですね。そういうお客さんの事を考えて心を痛める美容師も多いようです。実際に妊娠した女性美容師が産休を取るにしても一度は退職するにしても、妊娠期間中の仕事というのはとてもきついものになるようです。そもそも美容師の仕事というのは力仕事でもあります。座って行う事の出来る事務職とは違いますし、妊娠中にはよくないとされる中腰や前かがみの姿勢や長時間たちっぱなしになるような事も多々あります。それを体や自分の体調をかばいながら行う、というのは精神的にも辛くなるケースもあるようです。また自分だけではなく周囲の人たちも気を使う事になります。おめでたい事ですからそれ自体を責める様な人はいないと思いますが、何らかの影響を周囲に与えてしまう事は否めないと思われます。ですからそういった時にいかに日頃から人間関係が上手くいっているか、という事はトテモ重要だと思うんですね。職場の仲間が妊娠した時には心から皆で祝福できる人間関係であるかどうか、という事がとても問われると思うのです。もしもそういう良い人間関係の職場であれば、本人は勿論周囲の人も気を使っていたとしてもそれが苦ではないでしょう。産休に入るときにも心から無事の主産を祈り、産休が開けて復帰した時にはまた歓迎してもらえる、という人間関係でありたいと思いますよね。美容室 正社員 主婦 パート 篠崎


ホーム RSS購読 サイトマップ