自分の髪は自分で守ろう

自分の髪は自分で守ろう

自分の髪は自分で守ろう

梅雨時と言うのは、雨が降るとか湿度が高い、というだけで憂鬱になる物です。そう言うときこそヘアスタイルをばっちり決めてオシャレをしたいものですが、そんな日に限って髪の毛が広がって上手くまとまらない、というのは本当に嫌ですよね。髪の毛の広がりはダメージヘアほどその症状が強く出るようですから、梅雨時期に向けて髪の傷みを改善しておくことはうっとおしい時期を気持ち良く乗り切るための一つの対策と言えるでしょう。髪の毛の質と言うのは、その日一日で改善されるものではありませんし、そもそも一度傷んでしまった紙は、完全には修復できるものではありません。いくら評判の良い美容室に通っていたとしても、美容室に行くのは多くても月に一度の事でしょう。肝心なのは美容室に行く日以外の毎日のヘアケアなんですよね。そのためにはどうすることが髪を傷めない方法なのか、という事について正しい知識を持っておくことが必要ですよね。ドライヤーは髪を乾かすための便利な道具、という程度の知識では、髪の毛を守る事は出来ません。正しい知識を身に着けるには、一番身近にいる髪の毛のプロである担当美容師さんに質問してみるのがいちばんです。きっと美容師の皆さんは、そういうお客さんの髪の毛に対する前向きな姿勢を喜ばしく思ってくれるはずです。DMと折り込みチラシの違いは無いかと言うと、折り込みチラシはその新聞の販売所が扱っている家庭には必要・不必要に関係なく配布されます。つまり「あなた宛てです」という意味合いはほとんどありません。それに比べてDMは、その人の住所・氏名宛に送られてくるものです。すくなくとも「あなた宛です」というメッセージな筈です。もしもその内容が誰にでも当てはまるような、折り込みチラシと変わらないような内容だったとしたらどうでしょう?それではあまり意味がありませんよね。DMの効果の中で一番大きいのは、「その人縦のメッセージを届ける事が出来る」と言う事なのだと思います。たとえばDMは、お得な情報や新商品の紹介をすることだけが目的ではありません。その活用法は、その美容室や美容師が独人考える事ができます。たとえば初来店して下さったお客様にお礼の言葉を伝える。初めて指名してくれた人に感謝の想いを伝える、というい時にもDMは効果的です。なぜ効果的かなのか、というと誰でもお客さんは「相手が自分の事を覚えていてくれた」と言う事が嬉しいからです。大勢のお客さんの中の一人、ではなくて、あの時来店してくれた○○さん、と思われているという事は、誰だって嬉しく思います。つまり「覚えていますよ」というメッセージがDMでは効果的なんですよね。相模大野 美容室

 

http://ark-co.net/


ホーム RSS購読 サイトマップ