色が持っている効果やイメージ

色が持っている効果やイメージ

色が持っている効果やイメージ

春になり、明るい洋服を着たくなる季節ですよね。着ている洋服の色で人からの印象も変わってくるというのは知っていますか?色の持つイメージを知っているだけでこういう風に見られたいという時に役立てると思います。まず黒色。黒は光を吸収し遮断する色です。他の色を際立てて見せる色でもあります。悲しいイメージもある色ですが、高級感や知性、自信などのイメージも併せもっている色です。そして白は光を反射する色です。純粋、美などのイメージがあります。正義や始まりなどポジティブなイメージがあり一番人に好かれる色なのではないでしょうか。赤は炎や熱といったエネルギーを強く感じさせる色です。強い刺激のある色で愛や情熱、危険や怒りなど人の感情を表します。青は海や空など自然をイメージさせる色です。集中力を高めたい時や気分を落ち着かせたい時になど精神面に働きかけるイメージがあります。夏や開放感など爽やかな印象もありますね。黄色は自律神経に働きかける色で色の中で最も明るい色です。一番目立つ色なので注意を要する時にも使われますが、明るさや優しさなど明るいイメージがあります。これらのイメージをもって、集中したいここぞという時に青を着る、今日は自分をしっかり見せたいという時は黒を着るなど色を使って印象を変えられるのです。そして膨張色や収縮色といった色で体がふっくらと見えてしまったり、反対に細く見せたりも出来るのです。この春は色々な色の洋服を着て気分を変えてみるのもいいかもしれません。唇の色がくすんでいると体調が悪く見えたり、リップの色も上手くのらなかったりしますよね。唇の色はメラニン色素の量や皮膚の厚さによって決まります。毎日のメイク落としの時にごしごしこするなどの摩擦でも唇に色素沈着を起こしてしまうのです。気づかない間に唇にたくさんダメージを与えてしまっているかもしれないですね。唇の血行不良も唇の色が良く見えない原因です。日焼けはとても怖くて乾燥や唇のごわつき、荒れや色素沈着などマイナスな事をたくさん引き起こしてしまいます。喫煙も唇にニコチンが色素沈着をしてしまうので良くありません。そこでどうしたら唇の血色を良くできるのか考えてみました。唇も日焼けをするので普段からリップを塗る時にはUV対策も出来るものを選びましょう。リップ美容液もこまめに塗り唇が乾燥しないように気を付けます。乾燥は冬だけではなく夏も冷房のあたりすぎなどで起こってしまうので年中唇の保湿は大事です。お風呂上りには唇を指の腹で優しくたたくようにマッサージして血行を促進するのも良いです。刺激を入れた後は必ずリップクリームを塗るのを忘れずに。馬油を少し多めに塗りラップパックをするのもウルウルなピンク色の唇になれます。また冷たい食べ物や冷たい飲み物をとりすぎて唇を冷やす事も良くありません。血行を良くするためには温かいものが基本です。血色感の綺麗な魅力的な唇になりたいですね。美容室 弘明寺 カット カラー 縮毛矯正 人気 口コミ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ