美容師がすぐに変わる

美容師がすぐに変わる

美容師がすぐに変わる

お客さんにとって担当美容師と言うのは安心して自分のヘアスタイルについて任せられる存在なんですね。一度そういう美容師と出会えたならば、おそらくよほどのことが無い限りその美容師とずっと付き合っていきたい、と思って言えるはずなんですね。ですが美容師の方が何らかの事情でその美容室からいなくなってしまうケースもよくあるんですね。美容師個人としてはその人の事情があるからやめていくのだとは思うのですが、お客さんにとってはそれは一大事なんですね。多くのお客さんは美容室と言うお店自体よりも、自分の担当美容師がその美容室にいるからこそ、その美容室に通っている訳です。ですから担当美容師がいなくなったその美容室にそれでも魅力を感じるか、というとそうは思わないお客さんも多いと思うのです。なんとかして担当美容師が行った先の美容室を探し出してそこに通う人もいるぐらいです。その美容師が独立して開業するようなケースでは、やはりそちらのお店に変わるお客さんも多いものです。お店よりも美容師を選ぶ、というのがお客さんの心理の様です。ですから独立などは仕方のない事だとしても、コロコロと美容師が変わる美容室では、お客さんも長く付き合ってくれないケースが多くなると思いますね。お客さんが美容室を判断する時には担当してくれた美容師のテクニックや仕上がりの満足度は勿論ですが、それと同様に美容室の良し悪しの判断材料となるのは、美容師やそのほかのスタッフの接客態度ではないでしょうか。「仕上りには満足出来たけれど、美容師の態度が悪かったので二度と行きたくないと思った」と言うケースは良くあるの話であるようです。特にお客さんが嫌な思いをするのは「専売品の押し売り」のようです。確かに美容室では売らなければならない専売品があると思うのですが、その商品を売りたいがばかりに、お客さんとの会話のほとんどが商品の説明であったり「買わないか?」という勧めであったりすると、座っている間中お客さんは嫌な思いをする事になります。もちろんその商品に興味があって自ら商品について質問したりするお客さんもいるかもしれませんが、最初から買うつもりが無いお客さんの場合、そういう話を聞かされるのはとても辛いものです。そこそこで脈が無い、と思ったならばもうその話はやめてほしい、と思いますよね。そのあたりの美容師やスタッフの話術の力量が無ければどんなに腕が良くてお客さんの思い通りのヘアスタイルを作ることが出来たとしても、お客さんの足は遠のいてしまうに違いありません。柏の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ