20代の肌の悩みと対策

20代の肌の悩みと対策

20代の肌の悩みと対策

肌の老化は20代からすでに始まっています。中々実感しにくいという人もいるかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて肌のトラブルに悩まされるようになっていきますので、早めの対策を行うようにしていきましょう。20代の肌はまだ若く皮脂の分泌が盛んです。そのため一番悩まされるトラブルというとニキビかもしれません。皮脂分泌が多く毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になるとニキビができます。皮脂分泌が多くなる理由はホルモンの影響と栄養バランスの影響が考えられます。特に栄養面では糖質や脂質の取りすぎで皮脂の量が増えてしまうため食事をするときには偏った栄養にならないように気を付けましょう。皮脂が多くなると肌は脂性肌へ傾き、肌がべたつくようになります。過剰に分泌された皮脂は空気に触れ酸化しやすくなり、その酸化した皮脂は角栓となり毛穴を塞ぎ、炎症を起こしやすい状態になりニキビができるようになります。ニキビの原因となる皮脂を取り除こうと洗顔に力を入れすぎてしまうと今度は乾燥に悩まされるようになります。20代は後半になると肌の曲がり角と迎え肌は乾燥しやすくなります。乾燥肌に悩まされやすい年代でもあるため、皮脂との付き合い方次第で今後の肌老化にも違いが出てきます。皮脂の過剰分泌に悩まされているという人はまずは食生活を改善し、糖質や脂質の取りすぎに注意してみましょう。洗顔をするときには洗顔料は使わずに30度程度のぬるま湯で1日2回洗顔するようにしていくと乾燥にも悩まされにくい肌にすることができますよ。肌の衰えは20代から始まります。世間的にはまだまだ若く、肌の衰えなんて全く感じないという人も多いかもしれませんが、多くの人が20代後半に入るころには肌の衰えを感じることが増えてきます。20代後半は肌の曲がり角といわれることが多く、気がつかなくても肌は衰え始めているのです。20代で肌が衰え始める理由の多くは生活習慣の乱れやストレスからくるターンオーバーの乱れです。仕事で忙しい生活を送るようになると睡眠時間が減りがちになり、食生活も栄養バランスが崩れ、規則正しい生活が送れなくなってきます。さらに仕事のストレスが体にたまっていき肌のターンオーバーが正常に行われなくなっていきます。20代の肌は28日サイクルで生まれ変わっていますが、ターンオーバーが乱れると28日よりも遅くなったり早くなったりして、乾燥やシミ、さらには皮膚の病気などにも悩まされやすくなります。忙しい生活をしているとその生活に流されてどうしても肌のケアに力を入れられなくなります。ケアを怠ってしまうと老化が加速して30代、40代と年齢を重ねたときにその差が大きくなっていきます。将来の肌のことを考えたとき、忙しく手もしっかりとしたケアを行っていくことで年齢に見合わない若い肌を維持することができるようになります。20代の肌はターンオーバーのサイクルも早く、少しのダメージならすぐに修復することができます。そのためダメージを蓄積させないように毎日のケアを忘れないようにしていくだけでも衰えを感じない肌になりますよ。美容室 調布駅 カット カラー おすすめ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ